献血ルームの看護師

献血ルームの看護師になるためには【求人情報、面接対策】

献血ルームの看護師になるためにはどうすればいいかを書きます。

 

献血事業について

献血とは、日本赤十字社が独占している事業です。日本赤十字社の組織の中の1つに献血事業があります。日本赤十字社で看護師として勤める場合、事業間での異動はなかなかないため、まず、日本赤十字社○△県血液センターに就職する必要があります。

 

献血事業の中には、献血バスと献血ルームの2つの形式の献血方式があります。献血バスとは、血液センターより移動式のバスに乗り、ドナーさんがいる会社や学校に赴き献血をしてもらう形態です。献血ルームは、常設の設備にドナーさんに来ていただいて、献血をしてもらう形態です。

 

まとめると、献血ルームの看護師になるには、日本赤十字社の血液センターの求人に応募する必要があり、さらに、献血ルームの配属になる必要があります。

 

血液センターが求人を出すとき

血液センターが求人を出す時とは、どんな時なのでしょうか。それは、現場の看護師が不足している時です。

 

これは、どんな企業にも言えることかと思いますが、看護師の人員に不足が出た時に、求人を出すのです。献血ルームは、全血と成分献血を行う施設です。看護師は、全血の係であれば、1?2ベット、成分献血であれば3ベット程度を受け持ちます。

 

そのため、ベット数によりその施設に必要な看護師数が決まってきます。大きな規模の献血ルームであればあるほど、就職のチャンスが多くあるということになります。

 

血液センターの求人の掲載場所

献血の看護師の求人はどんなところに掲載されるのでしょうか。

 

それは、日本赤十字社血液センターのホームページ、看護師転職サイト、ハローワークなど多岐に渡ります。

 

採用する側とするとエージェントを通しての応募についてはコストがかかるため、日本赤十字社のホームページからの応募とエージェントを通しての応募ですと、日本赤十字社のホームページ経由の方を採用する傾向にあるようですが、応募者側からすると、給料の交渉もしてくれる看護師サイトの利用がおすすめです。

 

それから、献血バスと献血ルームの2つの形態の献血方法があると前述しました。

 

この2つの施設、実は所管課が一緒なのです。献血ルームは、日本赤十字社○△県血液センター採血課○×出張所という具合です。つまり、献血ルームに勤務する場合、何年か後に献血バスに乗る可能性もあるのです。献血バスで出かける範囲については、各事業所によって管轄範囲が異なりますので、事前に調べておくとよいでしょう。

 

地域によっては、何泊もしながらいろんな場所を回り、献血をしてもらうという事業所もあるようです。バスでの移動や日をまたいでの出張が可能かも採用されるキーになってくるのです。

 

看護師転職サイトを利用するならマイナビ看護師がおすすめ

献血ルームの看護師になるために血液センターの求人をお探しなら看護師転職サイトのマイナビ看護師を利用するのがおすすめです。

 

日本全国対応、求人取扱数がとにかく多いですし、あなたの条件に合った求人を探してくれて、給料交渉・面接対策等もしてくれて、とても頼りになります。

 

なかなか自分で転職活動をする時間がない人はマイナビ看護師を利用しましょう。

 

採血看護師の面接時のアピールポイントとは?

献血で使用する針は17.5Gと末梢血管に穿刺する針では最も太い針です。面接の時に、穿刺の技術について必ずと言って聞かれます。面接の時には、「大丈夫です。」と答えておけば大丈夫です。

 

実際、17.5Gの針を刺したことがある看護師は献血センターか透析を経験したものしかいないはずです。何名かを穿刺していくうちに、技術は伴っていくと思いますので、穿刺ができるかどうかというより、太い針を穿刺することを了承するような気持ちで進んでいけばよいです。

 

献血の仕事をしていると、1日1回程度の頻度で体調不良を起こすドナーさんがいらっしゃいます。救命措置ができるかや点滴が打てるかなども体調不良に対する対応力として評価されますので、アピールポイントととして、話しておくとよいでしょう。

 

⇒血液センターの求人はマイナビ看護師へ

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

献血ルームに転職したいなら


 
TOP 献血ルーム看護師になる 給料・待遇 転職