給料・待遇

献血ルームの看護師の給料、年収、待遇について

血液センターに勤める場合、いったいどのくらいのお給料がもらえるのでしょうか。

 

インターネットで検索をしてみましたが、非公開のようです。作者が血液センターに勤めていた頃の給料について、ご参考までに書いてみます。

 

献血ルーム看護師給料の目安

年齢26歳。看護師歴5年目でした。基本給は、18万7008円でした。看護師の基本給としては、いまいちと言ったところでしょうか。

 

これに加え、いろいろの手当てがついてきます。血液センターに勤める場合、献血バスに乗るか、献血ルームに通うかによって、手当てでもらえる額が大幅に変わります。

 

献血バスに乗るのと、献血センターに勤めるのと、どちらの場合の手当ての方が多くもらえるかというと、献血バスに乗る方がはるかに手当ての額が多いです。

 

では、どうして、手当てが多くもらえるのでしょう。

 

 献血バスと献血ルームの給料の違い

まず、献血バスに乗るのと献血ルームで働くのとでは、残業時間が大幅に違います。献血バスに乗る場合、現場の採血時間に間に合うように出勤をし、採血物品をバスに積み込み、現場までバスに向かいます。朝残業が出来るということです。

 

さらに、採血が終わり血液センターに戻ると、採血の片付けが待っています。献血に使用する資材は、医療材料です。温度管理や鍵付きの倉庫にしまっておく必要があるため、毎日積み下ろしをするのです。また、献血バスに乗る場合、移動時間も勤務時間としてカウントされるため、交通渋滞などでバスの到着が遅れた場合でも。残業時間に含まれます。

 

次に、旅費というものが付きます。献血バスに乗って採血をする場合、血液センターから現場までの距離に応じて、出張旅費というものがつくのです。旅費は、等級によって金額が決まっております。つまり、距離×等級で出張旅費としていくらか手当てがもらえるのです。

 

最後に、休日出勤についてです。献血バスも献血センターも基本的に年中無休(12月31日、1月1日を除く)で、稼働しています。暦の上での休日に出勤する場合は、休日手当てが付きます。

 

これは、献血バスに乗っても献血ルームに勤めても同様に支給されます。これらをふまえてお給料を計算すると、献血バスに乗る場合、25万円を超えるほどの給料を頂いていました。献血ルームに勤める場合、出張手当・残業手当が差し引かれる額になるため、20万円前後となりました。

 

血液センターの看護師の待遇について

基本的に、日本赤十字社に勤める人たちと同じ待遇です。有給休暇は、採用6ヶ月後に10日間、採用1年6ヶ月後に11日間付与されます。育児休暇も取得可能です。社会保障は、健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保健・厚生年金基金、完備です。採用直後は、常勤嘱託職員として採用され、人員の増減に合わせ、正社員登用されます。

 

ほぼ、全員の看護師が正社員登用されますが、時期については、欠員が出たら昇格という形式をとります。そのため、待っていればいつか正社員登用されますが、時期については他の看護師の頭数によって、人員が不足していればすぐに昇格できますし、人員が潤沢であれば、待たされるという具合です。

 

育児休暇は表向きには、取得可能とされています。しかし、育児休暇を取得する場合、欠員とはならないため、追加での採用となりません。現場としては、1人欠の状況で業務を回さなければならないため、残された看護師としては厳しい勤務となります。

 

嫌がらせをしてくる看護師もいるため、産休に入ったまま退職をするなどのケースがある血液センターもあるようです。

 

血液センターへの転職はマイナビ看護師へ

血液センターへの転職は看護師転職サイトのマイナビ看護師を利用するのがおすすめです。

 

マイナビ看護師は全国対応で取扱求人数がとにかく多く。また、給料交渉、面接対策もしてくれてとても頼りになります。

 

対応も丁寧で、真摯になってあなたの進路の相談に乗ってくれますので、転職をお考えの方は利用をおすすめします。

 

⇒血液センターへの転職はマイナビ看護師へ

 

献血ルーム看護師になりたい方はこちらもご参考に。
献血ルームの看護師になるためには【求人情報、面接対策】

このエントリーをはてなブックマークに追加  

献血ルームに転職したいなら


 
TOP 献血ルーム看護師になる 給料・待遇 転職